2002年
きさらぎ


2月28日 木曜日  もう2月もおしまいですね。
いよいよ本会議が始まります。

来週一杯まで過密になります。
頑張ろう!!

以下本日の日程表です。
☆====================☆
平成14年3月定例会議事日程(初日)
平成14年2月28日(木)午前9時〜 
本会議場

第 1 会期の決定
第 2 会議録署名議員の指名
第 3 諸報告
第 4 東京都十一市競輪事業組合議会議員選挙
第 5 東京都四市競艇事業組合議会議員選挙
第 6  議案第34号 小平市監査委員の選任につき同意を求めることについて
第 7  議案第12号 政治倫理の確立のための小平市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例
第 8 議案第 1 号  平成13年度小平市一般会計補正予算(第5号)
第 9 議案第 2 号 平成13年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
第10 議案第 3 号 平成13年度小平市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
第11 議案第 4 号 平成13年度小平市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
第12 議案第 5 号 平成13年度小平市受託水道事業特別会計補正予算(第1号)
第13 議案第13号 小平市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
第14 議案第14号 小平市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
第15 議案第15号 公益法人等への小平市職員の派遣等に関する条例
第16 議案第16号 小平市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例
第17 議案第17号小平市税条例の一部を改正する条例
第18 議案第18号 小平市小口事業資金融資条例の一部を改正する条例
第19 議案第19号 小平市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例
第20 議案第20号 小平市下水道条例の一部を改正する条例
第21 議案第21号 市道路線の認定について

第33 議案第33号 市道路線の認定について
第34 議案第 6 号 平成14年度小平市一般会計予算
第35 議案第 7 号 平成14年度小平市国民健康保険事業特別会計予算
第36 案第 8 号平成14年度小平市老人保健特別会計予算
第37 議案第 9 号平成14年度小平市介護保険事業特別会計予算
第38 議案第10号 平成14年度小平市下水道事業特別会計予算
第39 議案第11号 平成14年度小平市受託水道事業特別会計予算
第40 員提出議案第  52号 市議会委員会条例の一部を改正する条例
第41 請願第 9 号 アカシアの木を植えることについて
請願第10号 学校教育における子どもの安全を確保することについて
請願第11号 准看護婦の看護婦への移行教育早期実施に向け、国への意見書の提出を求めることについて
第42 都市基盤整備調査に関する中間報告(その3)について
第43 公共交通網整備調査に関する中間報告(その3)について


2月27日 水曜日  
◎エコロジー講演会  人材開発  松本秀揮氏
世界を旅して環境問題を考えていらっしゃいます松本氏です。
本日6時から福祉会館で催されます。
お時間のある方どうぞお出かけ下さいませ。
私も出席致します。


2月26日 火曜日
おはようございます。今朝も3時起きで諸々の調べごとしています。

さて町田市の選挙が終わりました。今回私は非常に興味を持っていたことが一つありました。それはホームページを活用している議員の動向です。あくまでも活用議員です。町田市にも数名いらっしゃいます。ホームページの内容も関心事になってきますが、日常的に更新を繰り返している方がどれだけの評価を受けるのかの判定です。もちろん日常的な活動は同時進行で行われるものですから、ホームページアップだけで判断するということはあり得ませんでしょうが、時代の流れはつかむことが出来るのかなあと思っています。
今はまだ、告示されますとホームページは更新できなくなるわけですが、まもなくそういうことも解除されると思います。なぜならそれこそ電子政府化推進に逆行することになるからです。その期間中ほど密度の濃い情報が集中するかも知れないからです。
結果は見事当選されました。


昨日「政和会」よりの市政に対しての要望等のアンケートを一斉発送致しました。
どれくらいの返信がありますか楽しみです。
私自身はすでにホームページ上でプッシュ式によりますアンケートを実施していますので、少しずつデータが積み重なっていますが、ハガキによります会派からのアンケートは結成以来初めのことです。


2月25日 月曜日
本会議近づいてきました。
一般質問の中身も煮詰まってきました。
今回もこの一般質問のために、膨大な(私にとりまして、です)資料集め、見学をしてきましたが新しい技術の進歩、発想の進歩で本当にわずかの時間でがらり変わっているのを改めて認識せざるをえませんでした。
しかし、電子自治体の世界はいやあおもしろいですね。国の方がとにかくいけいけムードですから、まず国と地方自治体の格差が広がるのでは、と心配です。前からかじっている私でさえついて行くのに苦労しているのですから、知らない人(興味がないひと)にとっては、正直かなり苦痛になってきているのではないでしょうか。とりあえずは理解できる人が発信していかなければ、時間がたった時の自治体格差が最終的には住民サービス格差に繋がっていくわけですから、その役目は必要なのだと、自分に言い聞かせながらの毎日です、が・・・・・・・。


2月24日 日曜日                         告別式
今日の7時は太陽がさんさんと輝いています。

昨日の「生涯学習のまちづくり3元フォーラム」開催の報告です。
今回の企画は
東京新宿(本部) → ⇒ 松本市 → ⇒ 西東京市→ 甲府市 を繋げてのフォーラムでした。
テーマは「情報化教育のあり方」。
現在の遠隔教育の
課題を明確化することと、情報化社会に対応した遠隔教育のあり方を検討することを目的としています。グローバル化する国際社会の中で、人々がより有益な情報をより効率よく獲得するためには、情報通信技術の教育利用についての研究は必要不可欠であります。情報通信技術の発展に伴う学校教育や生涯学習の場面での遠隔教育の研究は、学習者の多様な学習ニーズに応えていくために必要であり、そういう時代にならざるを得ないだろう。・・・・・ということで始まりました。

学校教育とその隙間のあり方(教員のコンテンツ取得等)が話され、現場を体験しているものとしてもそれは強く感じることですが、時の流れをどう感じていくんでしょうか。
今回の講師説明の方法は一考でした。それはテーマを変える毎に無駄な労力を要し、現在における最新技術を駆使しての3元フォーラムなのに勿体なかったですね。せめてパワーポイント活用が今回どうして考えられなかったのか。
それはフォントの大きさも各中継所にての判読が無理だったことです。
放送大学の単位取得もインターネット活用で可能になったということ初めて知りました。


いよいよ始まりました

田無タワーより和田氏発信です

****************文部科学省生涯学習政策局委嘱事業***************
    第2回生涯学習のまちづくり3元フォーラム
−情報化教育のあり方−
趣旨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
21世紀は情報通信技術(IT)を駆使した社会構造になると言われており、そのための情報化教育が来年度から本格化する。また東京雑学大学の講義内容が中央コリドー高速通信実験プロジェクトによって甲府や松本の遠隔で視聴されているように遠隔教育に対する関心も高まってきている。今回はこのようなことを背景として情報化教育の課題や将来対策、遠隔教育のあり方などについて東京、甲府、松本の3地点を高速ネットワークで結んだ3元フォーラムを行う。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
平成14年2月23日(土)午後1時より
基調講演(講演・質疑 1:00〜2:20)
会  場 新宿CCC21会議室
     小舘香椎子 氏(日本女子大学理学部 教授)
     「日本の情報化教育の課題と将来対策」
地域講演(講演・質疑2:20〜3:20)
会  場 甲府 山梨大学情報メディア館
     林 尚示 氏(山梨大学教育人間科学部付属教育実践総合センター講師)
     「遠隔教育の課題とあり方」
3元パネルディスカッション(3:30〜5:00)
東京会場 小舘香椎子 氏(日本女子大学理学部 教授)
     広瀬 禎彦 氏(アットホームジャパン(株)社長)
甲府会場 林  尚示 氏(山梨大学教育人間科学部付属教育実践総合センター講師)
     林野  旻 氏(山梨県情報政策課長)
松本会場 黒岩 道別 氏(松本市立旭町小学校長・プロジェクト21委員長)
コーディネーター 甕  昭男 氏(テレビ朝日 役員待遇)

2月23日 土曜日 → ⇒ 「生涯学習のまちづくり3元フォーラム」  ・ 通夜2
おはようございます。今日の7時はまだどんよりとした雲がおおっています。

今日は西東京市・田無タワーで「生涯学習のまちづくり3元フォーラム」が行われます。
東京新宿(本部) ⇒ 松本市 ⇒ 西東京市 ⇒ 甲府 と3元で行われます。
世界でも初めてとかで、是非出席したいと思います。

さて小平市のホームページ上に下記のような今までにない企画が掲載されましたよ。
今回の一般質問で「ホームページの充実」についても聞きますが、こういった経費はかからず知恵をだしての良い企画はどんどんやって欲しいですね。そういえばこのような良い企画は初めてではないですかね。(市民参加の部分がなかなか見えるようで見えないのです)

以下その内容です。
「おすすめ!市内の桜の名所」を掲載予定です。
市内で桜がきれいな場所を教えてください。
メールでの回答をお待ちしています!
メールアドレスはこちら→
info@city.kodaira.tokyo.jp

☆====================☆
「旧小川東小学校施設有効活用基本計画原案」が策定され配布されました。
昨年4月に公表した「旧小川東小学校施設有効活用基本計画素案」を基に、市民の皆さんから地域懇談会、ワークショップ、意見収集を通じた意見・提案を踏まえ、「旧小川東小学校施設有効活用基本計画原案」が策定されたものです。

なお、これからこの原案は、学識経験者、青少年委員、民生委員、学校長、体育協会会長、公募により選考された市民委員4人で構成される「原案検討懇談会」で今後、検討していくことになります。すでに1月中に第一回目が開催されています。
もっと詳しい内容を知りたい方はnagata@nagatacoffee.com
メールでどうぞ。

2月22日 金曜日
現在朝5時です。
いよいよ3月議会の議案が配布されました。
議案は34号まで出されています。
一般会計予算書も350ページにわたっての内容です。
今年度の大きな特徴はやはり市税の減少ですね。特に法人税におきましては大幅な減となっています。他、地方交付税が昨年度より10億9000万円の増となっています。地方交付税のあり方がいろいろ言われていますが、小平市にとりましては助かることになりますか。


2月21日 木曜日      ○ 告示・議案配布

今日もいい天気です。春が早くなりそうだとの予報が出ました。世の中の春、はーやく来い。
午前3時からの視察整理がいまようやく終わりました(6時半)。これからアップします。

いよいよ本日、議案が配布されます。まもなく本会議が始まりますが、一般質問、14年度予算委員会へと進んでいきます。どこへ行っても「きびしい、きびしい」という声ばかりです。発想の転換(基準の設定し直し?)がどうしても必要では、と思われます。
国が、都が、市が、人が、社会が・・・・なんて言ってられないのです。自分がどう生きて行くかしっかりしたコンセプトを決めないとさらに揺れ動くことになります。自分に言い聞かせながら・・。
☆====================☆
今回の宮崎市の視察の報告です

九州一を目指すボランティア活動支援
スクールアドバイザーを派遣事業

2月20日 水曜日  

・幹事長会  ・一般質問しめきり  ・新年会

今回の一般質問は6番目になりました。
2件の内容です。
@ 「電子自治体によって住民の生活はどうかわるか」について
A 86%の元気高齢者施策について


2月19日 火曜日  

・政和会行政視察・宮崎     ・新年会


2月18日 月曜日  

・政和会行政視察・宮崎


2月17日 日曜日 ・ブッシュ大統領訪日  ・雑学文化塾  ・北商栄会総会

講師  伊藤庄助氏
講義 「富士山頂・男たちは命をかけた」
内容  富士山頂に世界最大のレーダー基地を建設。
    第一回NHKプロジェクトXに出演
月日  2月17日 日曜日
会場  小平福祉会館
時間  午後1時30分 〜 3時30分
聴講料 無料
資料代 100円

↑⇒ 本日の聴衆者は、なんと部屋一杯になり椅子が足らなくなりました。

第二回目の私の時も多くの人に来て頂きましたがさらに多かったです。さぞ伊藤さんも気合いが入ったと思います。それほど今日のお話はよかったですね。実際の体験の重みがびしばし伝わってきました。一つの物事をやり遂げる事があとの人生にとっていかに大切か、さらに教わりました。
そして、私などのように事業における継続が入って参りますとさらにさらにエネルギーを要しますこと大です。ここで私の富士山登頂の山頂(3776m)記念写真を。
昔をしばし顧みて・・・・・思えば若かった^_^。。
。。。。。。。。。
左側です.

P.S.
明日から九州・宮崎の方への行政視察にいきます。


2月16日土曜日→⇒ ○・商工会女性部講演会 野口誠一氏(八起会)2時ルネ ◎新年会

なんと小平市のホームページトップがAdobe のパンフレットの真ん中に紹介されてます。

申請書をPDFで自治体としてかなり早く作成されたということだと思いますが、外から見たときにこうやって認められるということが、これからの行政のサービスのあり方の一つとなっていくと思います。これまた私が一般質問でやりました時「PDF」とはなんぞや、という時代からの大きな進歩です。

Portable Document Format  特定のプラットフォーム(コンピュータ環境のこと。主にソフトウェアを実行するために必要な環境)に依存せずに表示できる文書を実現するために開発されたドキュメントフォーマット。Adobe社により開発された。このPDFを利用すれば、各種文字修飾や段組処理など、従来は特定アプリケーションに依存しなければ扱えなかった文書を、さまざまなプラットフォームで表示できるようになる。

 しっかり矢印でご案内。

2月15日 金曜日→ ⇒ KSNC会合

いよいよ新小金井街道・小平都市計画道路3・4・7号府中清瀬線の西武鉄道西武新宿線との立体交差工事が始まります。その工事説明会があります。お出かけ下さい。

もっと詳しい案内です ↓

2月21日(木)午後7時〜8時30分
小平市大沼公民館
放送大学学習センター、小平に開所
 放送大学(本部・千葉市)の東京多摩学習センターが、小平市学園西町の一橋大小平キャンパス内に完成し、十四日、開所式が行われました。 一橋大国際共同研究センターとの合築で、鉄筋四階建ての三、四階部分です。
講義室のほか図書室兼視聴学習室などを備え、試験や面接授業のほかビデオでの復習にも使える。学生の利用開始は新年度から。 一橋大の講義が国立市の校舎に統合され、学生寮などが残るだけだった同キャンパスは再び高等教育の場として機能することになります。
→ ⇒ このように一度多くの学生が去ったけれど、また少しずつ人口が増える状態が来ていますことは、周辺の商工業の皆さんにとってとても良いことです。再度のにぎやかさを期待します。


2月14日 木曜日
→ ⇒ ・研修会府中の森 ・◎懇親会・◎新年会 一般質問開始・

本日の研修会は東京都市議会議員(区以外の市議会議員が対象です)の研修会。
 講演はNHK解説委員の水城 武彦氏です。

水城氏講演

府中の森庭園の梅

府中の森庭園・雪つり

2月13日 水曜日 → ⇒ 今日は厚生委員会です。

おはようございます。今午前6時です。薄曇りの朝ですが、寒いですね。
今日も一日寒いとのことです。(しかし、全国とくに東北、北海道からのおたよりを見ますとこの寒さは比較にならないようですよ)
さあ、がんばろう!!
・・・・・・・・・・時が経過します・・・・・・・
 そして今24時30分になりました。ながーい1日が終わろうとしていますがまだしんしんと冷えこんでいます珈琲工房にいまして、今日のホームページ更新が終わってから寒い中自宅に帰る事になります(;_;)。
ではさっそく本日(昨日?)の厚生委員会の審議結果を以下掲載です。
全て⇒ 継続 になりました。
日 程 件    名
第1 陳情第10号(11.6.9付託) 難病患者の闘病生活支援対策について 
⇒ 継続
 
第2 陳情第99号(12.9.6付託) 介護保険制度の充実を求めることについて 
⇒ 継続
第3 陳情第39号(11.9.8付託) 小平市立学童クラブの充実を求めることについて 
⇒ 継続
第4 陳情第105号(12.9.6付託) 市立大沼保育園の建てかえについて ⇒ 継続
    ⇒ 階段、手すり、避難すべり台等質問しました
第5 陳情第40号(11.9.8付託) 小平市の保育園待機児を解消し、保育園の充実を求めることについて ⇒ 継続
第6 陳情第120号(13.2.26付託) 花小金井南町にできる児童館を中学・高校生の居場所としても使うことについて ⇒ 継続
第7 陳情第29号(11.6.9付託) 児童館の建設について  ⇒ 継続                       

☆==============================================


2月12日 火曜日  勉強会  小平シニアネットクラブ・美園町オフ会新設  大沼保育園一人視察

いよいよ、大沼保育園も完成致しました。今日のひとり視察は外からでしたが大変にいいものです。2,3気になるところがありましたので、明日の委員会で聞いてみます。一足早い外観をアップします。

七小通り踏切工事

七小通り踏切工事



2月11日 月曜日 → 小平駅前神社 初午祭り → 朝から神社のお清めをしながらでした。

昨日の今井忠子先生の
「  響けマリンバ charity こんさーと ♯♭」 開催の報告です。
(活字にするのに少々(一日のずれ)時間がかかりました。すみません)

毎度のことながら超人的なパワーあふれる動きで今回のチャリティーコンサート
を無事完了いたしました。中ホールいっぱいのお客様も最後までその演奏活動
に満足し、最後のあいさつでは感動を胸一杯受けることになりました。
日頃より幼児から高齢者まで幅広く、音楽を通して心のつながりを築き続けてい
らっしゃいます今井忠子先生に改めて心から敬意を表したいと思います。
ありがとうございました。
以下に当日のプログラムに掲載されていました挨拶文をご紹介いたします。
☆=====================☆
ご挨拶
ほのぼのとした香りとともに、かわいい梅の花が咲き春めいて参りました。本日はルネこだいらにお出かけ下さいましてありがとうございます。
私たちは1,988年より「すべての子供たちに教育を・アジアの恵まれない子供たちに」を目的として毎年チャリティーコンサートを行い、収益金は「21世紀協会」(NGO)を通じて、フィリッピンのミンドロ島の子供達の教育資金として寄付させていただいております。こうした中で、昨年9月のアメリカのテロの事件を通じ私達は同じアジアのアフガニスタンの子供たちが長期にわたる戦争、度重なる干ばつ等により、教育はおろか、生活そのものが極めて困難な状態にあることを知らされました。日本も厳しい状況にありますがテレビや新聞で報道されるアフガンの子達は、私達の生活とは全くかけ離れた想像できないほどのひどさです。
私達は何か少しでも役に立ちたいと思いこのチャリティーコンサートを企画しました。私がいつも大事にしている音楽の好きな門下生や子供達と演奏仲間とのコンサートです。又今回は別に私の門下生がホール代を負担しております。出演者も参加者の皆様もご一緒に楽しんでいただけるプログラム、T部・U部・V部と大変盛り沢山のプログラム。
どうぞ、それぞれの個性あふれるせいいっぱいの演奏に温かい拍手をお願いいたします。
毎年こうして皆様のご理解とご協力で続けられますこと、心からうれしく感謝しております。本日の収益金はユニセフを通じ、アフガンの子供達の教育基金として寄付させていただきます。
ありがとうございました。  今井忠子




2月10日 日曜日 ⇒ 今井忠子先生の「響けマリンバ charity こんさーと」開催 ⇒内容は明日に。

下記のパンフを頂きました。この内容を見ました時、自然エネルギーを
使って小平市をクリーンシティに出来ないか、という内容とも関連してい
ましたので掲載致します。なんとかしてゴミを減らそうと努力していらっし
ゃる活動に対しまして応援したいと思います。

しかし我が身を見たとき、なかなかそのゴミの量が減りません。特に資料
となる膨大な紙の山を見ますと、なんとかペーパーレス化を早く進めてい
かなければ、と思います。紙の生産量調査を見ますと逆に増えているとか。
なかなか難しいですね。

私の関連ホームページですhttp://www.nagatacoffee.com/nisshi/200112ippan.htm

小平・ごみゼロ市民フォーラムPart5のご案内です
未来と結ぶ〜小平・ごみゼロ市民フォーラムPart5
 「自然エネルギーを生かす〜エコロジー最先端・埼玉県小川町のとりくみ」

2002年3月17日(日)午後1時〜4時30分
小平中央公民館2階ホール
主催:小平・ごみゼロ市民フォーラム実行委員会
後援:小平市、小平市リサイクルフェスティバル実行委員会
資料代:300円
問合せ:042ー341ー7524(深澤)

 埼玉県比企郡小川町では、自然エネルギー研究会のメンバーが中心になって、化石燃料に依存せず、バイオマスや太陽光などの自然エネルギーを利用した有機農業を実践しています。家畜フンや生ごみなどの農産残物を発酵させてバイオガスと液肥をとり、手作りの太陽電池で温室の電気や揚水ポンプやカモの電柵の電源とし、天ぷら廃油を代替燃料にしてトラクターを運転し、剪定枝チップを積み上げて堆肥をつくり、ドラム缶で炭を焼き、とあらゆる資源を循環させて無駄なく農業に生かしています。
 生活から滲み出てくる智慧には驚嘆の他ありません。かけがえのない地球、汚染のない環境を子供たちに手渡しするための、未来を見通した勇気ある実践です。その話をうかがえば、元気をもらえること疑いなしです。皆さんもぜひ、お出で下さい。そして、日頃の思いを吐露して下さい(今回はグループ・ディスカッションの時間をとりました)。お待ちしています。

      ごみゼロ市民フォーラムPart5の主な内容
 1 実行委員会の活動報告:
   小村大焼却施設の全面建て替え延期、生ごみ堆肥づくり、他
 2 「自然エネルギーを生かす」 
   小川町自然エネルギー研究会 桜井薫さんの講演
 3 「小平市の環境対策について」 市環境保全課のお話
 4 グループ・ディスカッション

2月9日 土曜日  
今日は朝、七小青少対のクリーン作戦から5つの行事をこなすことになります。
夜の新年会(まだまだ2月半ばまでありますよ)までのまるまる一日を気力、
体力で頑張ります^_^。

七小青少対のクリーン作戦参加者が今年は大変多く集まりました。その陰には
役員さんの相当の活躍があると思っています。皆さんたんたんとやってらっしゃ
いますがいつも本当に頭が下がります。

私は、毎月「小平駅北商栄会商店街のクリーン作戦」に参加していまして、特に
タバコの吸い殻が多いのが非常に気にかかっています。それで、議会の
一般質問で「ポイ捨て条例制定」を提案致しました。
行政側は「現在のところ考えていない」という答弁でしたが、現場を見ている者
にとりましては、これからも訴えて参ります。http://www.bekkoame.ne.jp/~tantan/sanmoku/poisute.htm


さて、先日職場訪問に訪れました生徒さんから手紙がきましたので、
ご紹介いたします。
みんなきちんと見て、聞いてくれていますね。現場の姿、声をこの時代から
たとえ短い時間であっても大切な経験として頭の中に入れてくれたと思います。

一昨日、ある方からの紹介で、このたび閉店した店舗を見に行ってきました。
現在の現場の店舗は相当急激に廃業、閉店が進んでいます。確かに時代の
流れが大きく変わっていることも考えられますが、毎日の営業の連続でかなり
疲れているのも一面とあると思います。
今回のような訪問で継続の大事さ、その一端でも見てもらえば、それもまた
良かったのでは、と考えます。

生徒さんからのメッセージ
先日は訪問させていただきありがとうございました。
とても参考になりコーヒーというものがよくわかりました。
仕事の様子や仕事に対するこだわり、お客さんへの接し方など
今まで知らなかったことをたくさん学ぶことができたと思います。
永田さんのコーヒーに対する情熱がひしひしと伝わってきました。
大人になったら永田さんのように心の底から愛する仕事に就きたい
と思います。Hさん。

今回の訪問ではわざわざ時間を割いてお付き合いしてくださり
ありがとうございました。おかげでいろいろなことがよく分かり、
またひとつ将来を考えることができました。コーヒーにもなんだ
か少し興味がわいてきました。では本当にお世話になりました。
これからも経営がんばってください。    Nさん。

職場訪問で本当にお世話になりました。
コーヒーの飲み方、店内の見学、美味しいコーヒーとジュースを
いただいたり、ピアノまで弾かせてもらいありがとうございました。
ホームページでの説明もとてもわかりやすかったです。
また機会がありましたらチーズケーキを食べに行きます。Kさん。

この度見学をさせていただき本当にありがとうございました。
喫茶店はあまり行ったことがなく今回いろいろ見ていい勉強に
なりました。お店に手間やお金をかけてここまでということを初
めて知りました。お店とコーヒーにこだわりを持っているなんて
本当にすごいと思います。またお店に行ったみんなで行ってみ
たいと思います。   W君。

2月1日に訪問させていただきありがとうございます。おかげで
永田珈琲のことがよくわかりました。永田珈琲店を建てるまでの
苦労を聞いてお店を建てるということは想像していたよりも、
ものすごく大変なことだと知りました。いろいろお話を聞きながらを
いただいたコーヒーは苦くなかったのでとてもおいしかったです。
この日聞いたことはぜひ将来の参考にさせていただきます。又、
ホームぺージも見させていただきます。
どうもありがとうございました。M君。

2月8日 金曜日 

厚生委員会日程が決まりました。

平成14年2月13日(水)午前9時〜   

日 程 件    名
第1 陳情第 10号(11.6.9付託) 難病患者の闘病生活支援対策について 
第2 陳情第 99号(12.9.6付託) 介護保険制度の充実を求めることについて 
第3 陳情第 39号(11.9.8付託) 小平市立学童クラブの充実を求めることについて 
第4 陳情第105号(12.9.6付託) 市立大沼保育園の建てかえについて 
第5 陳情第 40号(11.9.8付託) 小平市の保育園待機児を解消し、保育園の充実を求めることについて
第6 陳情第120号(13.2.26付託) 花小金井南町にできる児童館を中学・高校生の居場所としても使うことについて
第7 陳情第 29号(11.6.9付託) 児童館の建設について                        

☆==============================================☆


2月7日 木曜日

昨日の報告です。
一般会計は約471億円で、前年度当初比0.4%減と二年ぶりのマイナス予算です。特別会計を含む総予算額は約839億円で、同1.9%の増となった。法人税収入が前年度当初比50.9%減の7億4000万円になるとみています。
新規事業では、都の認証保育所に移行した市の認定保育室に1億円を補助、休日などに子育て相談を受ける子育てボランティア事業に約200万円を計上するなど、子育て支援策を柱に据えた。
新年度に買い替えるごみ収集車21台の半数近くを環境に配慮した圧縮天然ガス車にする。小平市に練習場を移したJリーグ・FC東京のコーチを招き、小中学生対象のサッカー教室も始める。

 今回特に法人税収入における約5割の減は、先の大手企業の時と同じような経緯をたどっていることで、そういう事態を考えての次の一手、二手が示されないのが何とも歯がゆいことです。この考え方の根拠が地方交付税のあり方であるということがわかってきましたが、他自治体では具体的に何とか少しでも収入策をとの政策が試行されています。私が提案しています広告収入に関しましても例えば今回八王子では「新年度から増収策として、市のごみ収集車の車体と公用封筒の一部に広告を掲載する方針を固めた。」と報道がなされています。
SOHOを考えた企業創出、法定外目的税、等いろいろ問題はありますが、「出来ない」ではなくていろいろ知恵を出し合い、試行錯誤しながら考えていくことがますます大事になってきているように思います。

予算案の中味を良く吟味して特別予算委員会で発言していきたいと思います。


2月6日 水曜日 平成14年度予算案説明会

 児童館・地域センターのパンフレット

2月5日 火曜日 

尚も続く株安・・・・・・日経平均株価もバブル後最安値更新

5日の日経平均株価は、バブル後最安値9504円41銭を割り込み、前日比156円33銭安の9475円60銭で取引を終えた。

 FC東京いよいよ議会より市長に要請していましたFC東京への出資が決定した内容が紙上で報道されました。私にはまだ行政側より知らせはありませんが3月議会(2月28日初日)で補正予算として上程されるものと思われます。もちろん一も二もなく賛成です。下の報道に「議会や各地域で資本参加して歓迎しようという雰囲気が高まっていた。」とありますようにいち早く行動した者として今回の流れは非常に嬉しく思います。

小平で一番早く歓迎の幕を取り付けました。

広々とした出来たばかりの二面の芝生を私も見まして、思わず胸が高まりました。以下参考までに本日からの練習時間をお知らせしておきます。

5日  @ 9.30〜     A 3.00〜

6日  @ 10〜  2時間くらい

7日  @ 9.30〜     A 3.00〜

現在のところ20人くらい人達が見学しているそうで、日曜日には200人を超えたそうですよ。  

☆==============================================☆

FC東京に小平が出資へ   以下新聞報道抜粋ですがマスコミの情報収集はすごい

サッカーJリーグのFC東京が練習場を江東区から小平市に移転したのに伴い、小平市が資本参加する方針を決めた。FC東京側も同市で小中学生のサッカー教室を開いたり、地域イベントに選手が参加したりして地域に貢献する考え。まずチームに親しんでもらおうと、1日からは写真展を開いている。
 出資額は100万円。小平市は、練習場の移転が決まった昨年11月ごろから、議会や各地域で資本参加して歓迎しようという雰囲気が高まっていた。3月議会で補正予算に組み込む予定。
  FC東京は小平市大沼町2丁目の東京ガス武蔵野苑(えん)内の練習場を1月から使い始めていて、市も市報を通じて市民に声援を呼びかけている。4〜7日も練習場で調整後、静岡・御殿場キャンプに向かう。
 写真展は昨年のプレー写真を展示している。小平市では上水新町地域センターで28日まで。

2月4日 月曜日
第59回こだいら雑学文化塾のお知らせです。私はまだ始まったばかりの2回目に講師としてお話しをさせて頂きました。『珈琲焙煎物語』。それからもう59回を数えるまでになっています。毎月ですからお世話をする人達はの苦労はなみなみならぬものがあります。特に世話人代表の近藤さんの活躍はまさに縁の下の力持ちですね。これからもさらなるご発展を祈念いたします。今回は小平シニアネットクラブの会員さんでもあります「伊藤庄助氏」が講演なさいます。

今、独特のかたり口と内容で超人気番組になっています プロジェクトX のなんと第一回目の主役の方が小平市に住んでいらっしゃったのです。これはもう聞くしかないですね^_^。

講師  伊藤庄助氏
講義 「富士山頂・男たちは命をかけた」
内容  富士山頂に世界最大のレーダー基地を建設。
    第一回NHKプロジェクトXに出演
月日  2月17日 日曜日
会場  小平福祉会館
時間  午後1時30分 〜 3時30分
聴講料 無料
資料代 100円

内容紹介
20世紀を変えた電気通信技術に贈られる技術界のノーベル賞「IEEE賞」。2000年の受賞は、日本が生んだ世界最大の気象レーダー「富士山レーダー」に決まった。
日本列島を台風から守るため、富士山頂に建設された巨大レーダーは、あらゆる意味で常識破りなプロジェクトによる産物だった。入札制度を無視して強行された「気象庁の官民プロジェクト」結成、標高3700mという史上例のない高地での大規模土木工事。そして、乱気流が渦巻く世界有数の危険空域・富士山頂への巨大レーダー空輸など。
昭和39年8月15日、元ゼロ戦パイロットが熟練の操縦技術でヘリコプターを操り、620kgにおよぶ巨大レーダーを富士山頂に送り届けることに成功。世界最大の気象レーダー建設に情熱を傾けた、官民プロジェクトの「不可能」への挑戦を描く。

〔富士山レーダーにおけるリーダーシップ〕
日本列島を台風から守るため、富士山頂に建設された巨大レーダーは史上例のない高地での大規模土木工事で、あらゆる意味で常識破りなプロジェクトによる産物でした。
ここでのリーダーは“男は一生に一度で良いから、子孫に自慢できるような仕事をすべきである。富士山こそ、その仕事だ。富士山に気象レーダーの塔が出来れば東海道沿線からも見える。それを見るたびに「おい、あれは俺が作ったんだ。」といえる。子供や孫に、それを伝えることが出来るのだ。”という夢やロマンを部下に与えながら、リーダーシップを発揮した成功事例です。

ここでこの雑学文化塾をちょっとご説明しますと
⇒ わが街小平にはそれぞれの分野で知識や技能に長けた方々が大勢いらっしゃいます。
その方に講師をしていただき、自由に話し、心豊かな地域文化の交流にしたのが『こだいら雑学文化塾』です。
企画、運営はボランティア、講師の方々も同様です。
内容は歴史や文化に始まり、自然・住まいのこと、外国の話、川柳、俳句、音楽関係とバラエティーに富んでいます。
あなたも足を運んでみませんか。
☆==============================================☆
・・・・・・・・・・・・心配したことが支持率急落とともに動いています・・・・・・。
東証指数バブル崩壊後最安値、内閣支持率急落を嫌気
 週明け4日の東京株式市場は、日本経済の先行きに対する懸念に加えて、小泉内閣の支持率急落に伴う政局不安や構造改革の遅れなどを嫌気して、ハイテク銘柄を中心に売りが先行した。
 日経平均株価(225種)も同159円50銭安の9631円93銭と続落した。・・・・・・・・・・・


2月3日 日曜日

児童館・花小金井地域センター開館式の模様です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

多摩地域の企業のことが報道されています。
小平市の企業、商店も昨年度から非常に厳しい情勢下におかれています。
実際に閉店、倒産しているのを身近に見ていますので、何とかの施策をと思っていますが、提言だけに終わっていまして・・・・・・・。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
同時テロ、狂牛病・・多摩の企業にも打撃
 多摩中央信用金庫・地域経済研究所がまとめた「米国同時多発テロおよび狂牛病等に関する聞き取り調査」ものです。
 調査は昨年十月中旬から十一月末にかけて、同時テロや狂牛病問題が経営に与える影響について、多摩地区の千六百八十八社の取引先(建設業21%、製造業27%、卸・小売・飲食業25%、不動産業11%、サービス業13%、その他3%)に対して聞き取りで行った。

 調査報告によりますと、同時多発テロの影響について「受ける」「やや受ける」と答えた取引先は三百七十一社(22%)。業種別では製造業が百六十五社と高く、その三割からは「直接的・間接的な影響による売り上げ減」との回答があった。

 狂牛病問題の影響については、約八割の取引先が「受けない」「あまり受けない」と答えたものの、卸・小売・飲食業では「受ける」「やや受ける」と答えた企業は、同業種の調査対象企業の三割に当たる百三十四社にのぼった。食肉店や焼き肉店などで売り上げの大幅減少が目立ち、「焼き肉店など飲食店からの注文が減少した」(酒類販売店)といった声も聞かれ、関連業種の苦しい実態もわかった。

いずれにしましてもこれからも厳しい時が流れていくのは覚悟の上で対処していかなければなりません。皆様方の御意見等ございましたらお知らせください。


2月2日 土曜日

今朝の温度は今年最低の東京です。これから天気は下り坂の模様ですが、今は(午前6時)素晴らしい夜明けです。
しかし経済界は株価 為替 債権とトリプル安になり嵐。日本の経済が問われています。(日本に投資しても儲からない ⇒ 外国に回ってしまう ⇒ということになります)勿論短期的なスパンで現在を計ろうとは思いませんが、納得出来るものが必要になります。大きな視野からの牽引がさらに問われるわけですが、現在の私ではとうてい知ることが出来ない膨大な資料の中から判断していくわけですから、TOPは政治力を含んだ上でのさらなる力が要求されるはずですね。

ちょっとそれますがこのごろ思うこと、市町村議員 ⇒ 区議都議県議道議議員 ⇒ 国会議員 ⇒ 都区県市町村長⇒首相⇒ ・・・・・ それぞれの顔付、仕事違っていきます。


 2月1日 金曜日  児童館・花小金井地域センター開館式   三中職場訪問
午前9時から花小金井地区の皆さん待望の「児童館・花小金井地域センター」開館式が行われました。本当に素晴らしい建物だと思います。
提案させていただきましたパソコン整備。このパソコンが3台も並んでまして思わず喝采です。また太陽発電をお知らせする案内板も提案させて頂きましたが、これもしっかり入り口に立ってました。こういったところに市民のみなさん、我々議員、それぞれの提案を受け入れて出来上がったのを見ますと、行政側の皆さんの縁の下の力が一杯伝わってきます。委員会を通してごくろうさまでした。
☆==============================================☆
午後、三中の7人の皆さんが永田珈琲店に職場訪問です。店長より店の事を説明してもらい、そのあと私と皆さんとの質問時間です。今回はパソコン(パワーポイント)とプロジェクターを使って永田珈琲倶楽部のコンセプト、歴史、WEB店、等をプレゼンテーションしました。
短い時間でしたが、我々が現場で毎日頑張っている姿を少しでも見てもらうことで何かを感じてもらうことが出来たのではないかと思います。
これから学校と地域との連携はますます必要になってくると私は思ってます。これまでかなり前から私はそのことを自治体、子供会等を通じて活動してきましたが、さらにそういう機会がありましたら積極的に進めていくつもりです。

☆==============================================☆
昨日訪問致しました活力自治体フェア2002のことが日本工業新聞に報道されていましたので掲載させて頂きます。その中になんと私の名前が紹介されていたのです。^_^。
2002/02/01 (日本工業新聞)
活力自治体フェア2002:盛況、来場者3万人超える( 2/ 1)

--------------------------------------------------------------------------------
◆IT軸に環境、福祉統合へ 目に見える形で実感 
 自治体向け総合展示会「活力自治体フェア2002」が三十一日、三日間の会期を終えた。自治体関係者をはじめ、各地の地方議員、メーカーなど来場者は約三万人を超える盛況ぶり。自治体が取り組むべき課題に対し、高い関心があることを再認識させる展示会でもあった。
【IT】
 今回の特徴は、初の試みとして「これが電子政府・電子自治体だ!!」をメーンテーマに掲げた。会場の半分近くを占めた電子自治体関連は、国をあげて取り組む政策ということもあり、IT(情報技術)を目当てに来た、という来場者の声を多く聞いた。

 展示内容は、電子申請・調達システムや、電子決済など、行政内の業務効率化のためのシステムを大手企業が一堂に展示。自治体向けということもあり遠隔教育システムや、福祉、環境など、地域の状況に合わせて導入できる住民サービス重視のソリューションの展示も目立った。実際に電子自治体システム導入を検討している自治体関係者も数多く訪れ、商談も交えた参加者とのやり取りには緊張感が感じられた。

【環境】
 環境関連では燃料電池関連の展示がひと際来場者の目を引いていた。海外での導入事例など、パネル・ビデオを使った展示が主だったが、同時に開催されたセミナーには約一千人が詰め掛ける盛況だった。また、EM(有用微生物群)を活用した畜産、農業技術などの展示には、自治体・企業関係者に交じって、一般参加者が数多く訪れていた。

【福祉】
 高齢者の積極的な社会参加の促進や健康関連機器の出展が大半となった福祉ゾーンは、製品中心の展示とあってか、なごやかな雰囲気が終始続いていた。確実に訪れる高齢化社会をにらんだ展開は、誰もが考える問題であり、IT、環境と相まって、今後の自治体運営の中心的な課題になる。
  ◇  ◇
 活力ある、電子自治体とは何か。会場を訪れた森下洋一・松下電器産業会長は「まだ言葉が先行しているがこのフェアで実感できた」と感想を述べた。
 全国すべての自治体がITをベースに環境、福祉を統合し、真の活力を出すまでには時間がかかる。だからこそ、目に見える形で自治体が目指す姿を体感できるフェアに意義がある。
   ◇
≪主な来場者≫
 ▽北川正恭・三重県知事▽山田敏雅・衆議院議員▽中川正春・同▽梅田宏希・明石市議▽堀川勇・新井市議▽田中孝始・淡路町議会議長▽針ケ谷照夫・板倉町長▽舘岡一郎・板柳町長▽谷口太一郎・嬉野町長▽柴田征一郎・遠賀町議会議長▽干場辰夫・金沢市議▽小林正夫・川西町議▽高橋節子・北本市議▽永田政弘・小平市議▽河野節子・小見川町議▽渡貫博孝・佐倉市長▽吉川隆三郎・下津町議▽木曽貴夫・白浜町議▽大和田慎一・同▽平川薫・総務省選挙課長補佐▽津村政道・大和町議▽塩塚博愛・同▽滝沢信一・十日町市長▽佐藤萬一・東由利町議▽住田圭成・溝口町長▽阿部武史・茂木町長▽佐藤清圓・矢島町長▽西村幸吉・八千代市議▽山口道夫・横須賀市議▽井●幸雄・ライオン事務器多摩支店長▽石川宏・NTT−ME副社長▽菅野行男・サンミック千代田取締役

この表の日程は目安ですので変更する事もあります。ご了承下さいませ。

1 ○ ・児童館開館式典9時  ・三中生 職場訪問2.30.  ◎勉強会
2 ○ ・ブレンドの会
3 ○ 北商栄会クリーン作戦・8時〜
4 ○ 商工会 ◎ゼファー風力発電
5 ○ 一中生 職場訪問10.  ・第四支部新年会 ◎ボランティア
6 ○ 全員協議会・研修会(サッカーリーグより講師) ・予算関連 
7 ○ SOHO 午前中
8 ○ 生活文教委員会   ◎
9 ○ 七小青少対クリーンデイ ◎KSNC会合 ◎珈好琲会◎19選挙区
10 ○ ・今井忠子マリンバ 13:30〜 ルネこだいら
11 ○ ・初午祭   建国記念日  市報原稿締め切り
12 ○ KSNC美園地域センター 1時
13  厚生委員会  KSNC締め切り
14 ・研修会府中の森 ・◎懇親会・◎花小金井商栄会新年会 一般質問開始・
15 ○ 建設委員会  ◎KSNC会 6.00  ◎風力発電1:30
16 ○・商工会女性部講演会 野口誠一氏(八起会)2時ルネ ◎新年会 
17 ○ ・雑学大学 伊藤庄助氏1:30
18 ○ 政和会視察研修
19 ○ 政和会視察研修     ・中華組合新年会7時
20 ○ 幹事長会議  一般質問締切 ・料飲組合新年会
21 ○ 告示・議案配布
22
23 生涯学習のまちづくり3元フォーラム・田無タワー
24 ○  会合
25 ○ 議会運営委員会
26 ○ KSNC
27 ○ クリーンシティ・人材開発
28 ○ 本会議初日

☆==============================================☆